Thumbnail

病院でのメリット

イメージ 医療事務に就きたいと考えている人で、大きな病院にするか診療所にするか悩んでいる人もいるかもしれません。そのような方へ、病院で働く場合とクリニックで働く場合のポイントをまとめています。
ここでは主に病院で働く場合のポイントをまとめています。医療事務と言っても、とても幅広い業務内容で様々なものがあります。自分のしたい仕事はどんなものなのか、専門としたい分野は何かまずは考えてみましょう。

病院勤務と小規模のクリニック勤務では業務内容が異なってくるのです。そして最近では病院の多くで事務業務は業務委託や派遣されており、正規職員の数は減っています。
そのため病院に勤務したい場合は派遣登録の必要があります。正社員はより安定しているので欠員が出ることはまれなので狭き門でしょう。なので、派遣として登録してみることをおすすめします。

病院での医療事務の特徴は、診療科や患者数がとても多いので仕事の担当が細分化されています。受付業務や医療費計算、レセプト処理など様々な部署がありスタッフの数も多いです。
一緒に働く人が多いので初めての医療事務の人にとっては、わからないときに周りに質問しながら出来るので仕事を覚えやすいと言えます。また患者数が多いので、処理が必要なカルテやレセプトの数はとても多く処理能力の高さが求められます。

業務が細かく分かれているため、仕事の専門性を高めることも出来ます。
パソコンでの処理能力はもちろん重要なスキルですが、対人の仕事の為、コミュニケーション能力も必要で、病院では患者数が多いため毎日いろいろな患者さんへの対応が求められます。
加えて医師や看護師などメディカルスタッフとの連携も欠かすことが出来ず、細かな連絡事などをきっちりすることも求められています。